GIM

 

 

 

GIMでこころのしこりをほぐし、

心の底からの癒しを体験しませんか。

 

 

 

GIMってどんなもの

ボニー式GIM(The Bonny Method Guided Imagery and Music) は音楽とイメージを用いる心理療法です。リラックスした状態で目的に合った音楽プログラムを聴き、その中で起こってくるイメージにより個人の心や体の中にある「必要なもの」を探っていきます。GIMは1970年代、メリーランド精神医学研究所において意識の研究に参加していた音楽療法士ヘレン・ボニー博士が始めました。意識の研究の中で博士は音楽とイメージに心理的な効果を証明しました。その研究から生み出されたのがGIMです。心理療法ですので、音楽を使ったリラクゼーションや催眠などとは異なります。

 

GIMの流れ

GIMではクライエントをトラベラー、セラピストをガイドと呼びます。セッションはまずトラベラーとガイドの間で「心の旅の意図」について話し合うことから始まります。旅の意図は明らかにしたいことや自分への問いです。短いリラクゼーションの後、意図に合った音楽プログラムを聴き、その中で自然に起こるイメージによって深層心理を探っていきます。GIMの中で起こるイメージは個人によって異なります。視覚的イメージだけではなく、身体的感覚や自己洞察として現れることもあります。また感情を呼び起こし、解き放つことができるため、GIMはグリーフやロスにも適しています。トラベラーは音楽を聴きながらガイドと対話をし、イメージを深め追及していきます。音楽プログラム終了後、イメージについて話し合いながら、イメージをまとめ、旅の意図についての洞察につなげていきます。

 

GIMの資格

GIMは音楽療法士でなくても行えますが、修士課程にも等しいトレーニングが必要になります。すべてのトレーニングを終えたガイドはGIMフェロー(FAMI/ファミ/Fellow of Association for Music and Imagery)と呼ばれています。日本でGIMを行えるガイドはまだ2名しかいません。GIM自体の知名度もとても低いのが現状ですが、そのニーズは高まってきており、臨床を進めるうちに日本でも効果があることが明らかになってきています。

 

こんな方にお勧めです。

  • 落ち込み気味の方。プチうつ・うつ病を疑われる方
  • 生活に変化があり、整理をつけたい方(転職、結婚、離婚、別れなど)
  • グリーフやロスを経験している方
  • 何か心の中にしこりがあるのだけれど、はっきりしない方
  • 人生の意味や目標、自分の存在意義などに疑問を持っている方
  • 深層心理の追求、自己洞察を深めることに興味のある方
  • より自然に、より良く生きたいと感じていらっしゃる方
  • 膠原病や糖尿病など、長期の治療を必要とされる方
  • 癌などの病気と闘っていらっしゃる方
  • 病気や障害のあるご家族をお持ちの方
  • 心、体、頭などのバランスが崩れていると感じている方
  • なかなか超えられないトラウマ・壁のある方
  • 原因不明、もしくは心に起因する痛みなどのある方
  • その他、自分の内側に答えを求めたい方など

海外ではGIMに関する研究論文やケーススタディーが多数出版されており、HIV/ AIDS、癌、リューマチ、PTSD、心身症、うつ病、トラウマ、虐待などのケースを中心に心理・健康状態改善の効果を上げています。またGIMは一般の健常者の方にも多く使われ、自己洞察を深め自分とは何か、より自然に生きるにはどうしたら良いかを考えたり、自分の希望や人生の意味を見つめ直すなどの目的で非常に効果的です。GIMについて詳しく知りたい方はAssociation for Music and Imagery(英文)のホームページをご覧ください。

 

料金

1セッション 100ー120分

平日5時まで 12、000円

平日5時以降、週末 13、000円

 

 

場所

横浜駅西口徒歩5分

 

 

お問い合わせ・ご予約

E-mail        nyoshihara(at)musicure-mt.com

(お手数ですが、(at)を@に変換してご連絡ください)

 

 

*18歳以下の方は、初回セッションのみ保護者の方の付き添いが必要になります。

*GIMは完全予約制です。お問い合わせ・ご予約はE-mail もしくはMobileまでお願いします。GIMや音楽療法のセッション中は電話に出られない事もあります。お名前、電話番号とGIMを希望する旨の簡単なメッセージを残していただければ、こちらからご連絡いたします。